祈り

昨日は、大阪での瞑想会。 


はじめてお会いする方、二回目の方、以前ご縁を賜っていた方、昔からの受講生の方々、二時間ほどの講義はあっという間に過ぎて…  


午後からの中・上級者のクラスも無事に終えて帰りの電車の中でホッとひと息。  


ふとある言葉が浮かんできた。 

チベットへ修行の旅に出かけた時のこと、当時、大変お世話になったラマ僧が修行の最後、


帰国の途につく私達に向かって贈ってくれた言葉。


 「人は誰もが皆、一人で生まれてきた訳ではない、独りぼっちじゃないんだよ、たくさんの命が私達の中で共に生きている。だからこそ、他の人の幸せも共に祈るんだよ」。


昨日の夕方、自坊に帰りご本尊様に向かい、今回ご参加くださった方々、お一人、お一人の事を思い浮かべながら、お名前を読み上げ胸の前てそっと静かに手を合わせた。 


今こうして賜った有り難いご縁がまた次へと繋がっていく。 


人は誰もが皆、一人では生きてはいけない。 


生きてはいない。 


今日も誰かが、誰かのことを、誰かのために、


誰かを思いながら、深い祈りを捧げてる。


(追記) 


おはようございます。 昨日の瞑想会へご参加下さいました皆様、本当に有難うございました。 


今回もいろいろなご縁を頂戴しましたこと深く深く感謝申し上げます。 


なお、次回は4月30日(日)、場所・お時間は一緒です。  


詳しくはまたブログ等にて。 


それでは、また次回も素晴らしいお時間を楽しみにしております。 


 合掌

Buddhism ascetic priest

やさしい瞑想法 天宮光啓のホームページです。