法話会

●天宮光啓 法話会


法話とは、一般的に僧侶がお葬式や法事法要等の際にする「お話」のことです。

仏の教義や、教えに基づいた話などを説くこと、つまり「お説教」(善い教え)です。

特に、決まった形式がある訳ではなく、時事・世相を反映した話題から身近な日常の雑談的なものまでいろいろとあります。

最近では、話し手の人生経験や、体験談を仏教の教えと重ね合わせながら説くというスタイルが広く親しまれているようです。

例えば、瀬戸内寂聴さんの法話には、老若男女たくさんの方々がその語りを楽しみに参加なされます。

当会の法話会は、ご参加の方々との対話の中から「仏教」を共に語り合うものです。

斬新なスタイルの法話会ですので、興味のある方は一度是非お気軽にご参加を!!

なお、当方の法話会を全国いろいろな場所で開催しております。

現在は、東京・大阪・神戸にて、今後は四国や九州(福岡)でも開催予定です。

これからも、たくさんの方々と共に仏教の素晴らしさを楽しみ親しんでまいりたいです。


合掌

高野山真言宗阿闍梨 天宮光啓 九拝


■ 天宮光啓(Koukei Amamiya) 大阪府出身 / 高野山真言宗僧侶(阿闍梨)


2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件をアメリカ本土にて経験。

その後、真言密教の聖地高野山にて得度出家。

得度式の時に金剛峯寺で出会った台湾からの留学僧(袁昌大阿闍梨)とは兄弟弟子である。

これまで、共にチベットやインド、ネパール等の世界各地の仏教・密教聖地にて様々な修行を積み重ねてきた。

現在は、真言密教やチベット仏教を基にした「瞑想法」、天宮光啓「法話会」を全国各地で幅広く開催している。

瞑想会は、2013年1月に東京(池袋)にて第一回目の講義が初開催され、今も東京・大阪・神戸、福岡等で開催し続けている。 


■ ごあいさつ


平素は、ブログやインスタグラム等でいろいろな温かい応援のメッセージを本当に有難うございます。

私事ですが、これまでに世界中いろいろな国々を旅してきました。そして、たくさんの方々とお会いすることもできました。いつも帰国してから感じることが、日々の衣食住同様に、「平和」は当たり前でないということです。今のこの瞬間、世界のどこかでは戦争や内戦、テロ等で住むところを失い、寝るところも、食事することもできない人々が、幼い子供たちもたくさんいます。また、地震や火事、豪雨、飢餓・飢饉等の自然災害によって命を落としている人々も。

一人一人の力は小さいかも知れませんが、皆で力を合わせれば何か大きな変化が、皆が仲良く暮らせる平和な世の中が、恒久の平和への道が広がりはじめるように思います。

その一環として、当方の瞑想会や法話会を通じて私も非力ながら、これからもさらに社会や、地域にお役に立てるような様々な活動を皆様方と共に、一緒に力を合わせて行ってまいりたいです。 


合掌

高野山真言宗阿闍梨 天宮光啓 九拝